新宿美容外科での施術

新宿美容外科と言うと、笑いジワやほうれい線の除去、シミやそばかすの治療、二重整形、脂肪吸引や豊胸と言った地調を行う病院などのイメージを持つ人も多いのではないでしょうか。
美容外科の中にはワキガや多汗症、AGA治療、脱毛など幅広い美容施術を可能にしている病院が多くあります。

ワキガや多汗症の治療も可能です

美容外科の治療メニューの中にはワキガや多汗症治療が明記されている事があります。
ワキガや多汗症は汗による症状で病気ではありません。
しかし、ワキガの場合は匂いが生じる、多汗症の場合は汗が止まらないなど汗に悩みを持つ人が多い事からも、美容外科で治療を受ける人も少なくありません。
美容外科でのワキガや多汗症治療は、マイクロ波を使った方法、外科手術を行う方法、ボトックス注射など幅広い治療法が用意してあり、症状の度合いや患者さんの要望などに応じて治療法を選べます。
また、美容外科では最初にカウンセリングを受けるのが特徴です。
新宿美容外科は美容施術を行う病院で、施術を受ける人がどのようになりたいのかをカウンセリングの中で明確にした上で施術を行います。

男性や女性の薄毛治療も可能にしています

薄毛と言うと男性に多い症状ですが、最近は薄毛に悩む女性が増えており、美容外科では男性の薄毛治療だけではなく、女性の薄毛治療に力を入れている病院も増えています。
中でもAGAは遺伝子の影響を受ける事で男性ホルモンの一つでもあるテストステロンが5α?還元酵素と結び付き、脱毛を促進するDHTと呼ばれている強制脱毛ホルモンに変換が行われるために脱毛症を引き起こすなどの特徴を持ちます。
美容外科では、遺伝子検査や血液検査を行い、脱毛症の原因を究明し、薄毛に悩む患者さんに最適な方法で治療を行えるようになっています。
美容外科の中にはAGAなどの薄毛治療を専門に行う病院施設もあり、専門病院での治療を受けると薄毛の症状を抑え、発毛ならびに育毛に効果を期待出来るようになります。

永久脱毛は新宿美容外科などの医療施設で可能になります

美容外科の施術の一つに医療脱毛があります。
医療脱毛はレーザーを使った方法や絶縁針を使った方法などの総称で、レーザーや絶縁針は医療行為が許されている病院のみで行える脱毛の方法です。
脱毛サロンは医療行為が禁じられているので、医療脱毛の施術を受ける事は出来ません。
尚、医療脱毛は永久脱毛になるのが特徴で、美容外科などでの医療脱毛はムダ毛が生えて来ない状態になるのです。
医療脱毛は医療行為が許されている病院での脱毛であると同時に、毛母細胞を破壊する作用を持つ脱毛でもあるのです。
細胞組織を破壊する行為についても医療行為に含まれる事からも、美容外科などでの脱毛はムダ毛を完全に生えて来ない状態にしたい人にお勧めの脱毛と言えましょう。